タイムラプスシステム

うすだレディースクリニック(不妊治療・体外受精医療)吉祥寺 HOME > タイムラプスシステム


IVFの総合的な向上

Time-lapseテクノロジーは、胚の培養と評価を行う際の時間制限とストレスを軽減します。
それは同時に、医療機関でのルーチン作業および胚の培養と評価を向上させ、最終的には臨床結果を向上させることにつながります。

臨床成績の向上

Time-lapse培養は、IVFがうまくいくために必要な要素をより集めやすくします。
継続的な胚の観察、最適な培養環境と効率化されたワークフローにより、自信を持って最も生存性の高い胚を選択し、移植することができます。結果的に、体外受精治療の成功例が増加し、そしてさらに多くの患者様が〝親になる″という夢を実現することができます。

Time-lapse培養と胚の評価がIVFの成功につながります

着床率の向上

Time-lapseは、より生存性の高い胚を選択できるようになり、臨床成績の向上をもたらします。

流産の減少

最も生存性の高い胚を選択することで、流産率を減らすことができます。

妊娠への近道

臨床妊娠率が向上し、流産率は減少するため、全体的な妊娠までの時間が短縮します。

胚評価の向上

Time-lapseテクノロジーでは、胚発生を連続的な画像として撮影します。
この画像をつなげて作成された動画は、従来の顕微鏡学の“1枚の画像”からでは見つけることが困難であった重大なイベントの発見につながり、より詳しい情報に基づいた決断を可能にします。

最大限の情報による最高の選択

胚の形態学は動的で、前核のパターン、胚の形、フラグメンテーションは経時変化します。
Time-lapseは、一般的な観察で見落としてしまいがちな重要な形態学を発見することを可能にします。この詳細な観察により、体外受精治療で適切な次のアクションを選択することができるようになります。

一般的な観察での限界

IVFにおいて、胚選択のための標準的な胚評価は、培養条件への変化を最小限に抑えるため固定された一点の時間での“一枚の画像”のみに制限されます。しかし、この方法では、発生における重要なイベントを見逃す可能性があります。

Time-lapseが明らかにするもの

動的な形態学

形態的変化(前核パターン、胚の形とフラグメンテーション等)は、経時変化します。Time-lapseは、従来の胚観察では見落とすことの多い形態的変化をとらえることによって胚評価を向上させます。

フラグメンテーション

移植の可能性に関わる、フラグメントの変化

多核

初期胚での異常な核。胚の発生に以下のような影響を与え、分割サイクルの一定の期間にのみ確認することができます。
多核は胚の発生に対してネガティブな影響を与えます。
標準的な評価では、多核の胚を最大で72.4%見落とします。
多核は移植率と臨床妊娠率に臨床的影響を与えます。

割球の対称性

最適な時点での
胚盤胞の形態学

分割パターン

Time-lapseテクノロジーは、通常では見ることができない、あるいは通常の観察では見落としてしまう分割イベントをとらえます。

正常と異常な
分割パターンの識別

Time-lapseでのみ、異常な分割パターンである1-3細胞、2-5細胞と、リバース分割を確認できます。
培養胚のほぼ20%が、誤った分割、あるいは異常な分割をしています。
従来の観察方法では、最大72.4%の多核胚を見落としています。
胚のほぼ20%で、異常な分割が観察されます。不均等な分割の胚は、妊娠の可能性が低くなります。

リバース分割

リバース分割を経た胚を移植胚から除外することにより、臨床成績の向上が期待できます。
リバース分割は培養胚の27.4%で、最初の3回の分割サイクルの間に少なくとも一度、観察されました。

形態動態学(morphokinetics)

Time-lapseの形態上のイベントのタイミングを記録することによって、動態学による決定を行うことができます。様々な研究によって、形態動態学のパターンが臨床結果と関連があることが報告されています。

分割時間

多くの研究で、分割タイミングの観察が、臨床妊娠率の向上に重要であることが証明されています。

早期の分割

これが確認されると、着床率の向上に繋がります。

培養の向上

これまでの研究は、胚の発生が培養中の多くの因子によって影響を受けていることを示しています。胚をインキュベーターに入れたままにすることによって、培養環境を変化させることなく、より最適な条件下で培養することが出来ます。

より良い胚発生のサポート

Time-lapseモニタリングにより、インキュベーターに入ったまま胚の評価が可能です。胚の発生は、ハンドリングによるインキュベーター外での胚操作やストレスを取り除くことによって、培養成績を向上させることが証明されています。

ハンドリングストレスの減少

胚を体外で培養している間は、培養条件のわずかな変化でさえ、その胚の発生に永続的な影響を与える可能性があります。標準的な顕微鏡を用いる場合、観察頻度を増やすことで観察の時間が長くなることは、胚盤胞の発生と生存能力に対してネガティブな影響を与えます。
培養の環境を一定にしておくことは、最適な胚の発生率を向上させます。

安定した培養環境の促進

培養液の組成のほかに、体外における胚の発生と胚盤胞形成に影響を与える可能性のある要因は、pH、温度、酸素圧などです。胚評価のためにインキュベーターからディッシュを取り出すことは、培養成績に関係するpHと温度の両方に悪影響を及ぼすことがあります。

Time-lapseモニタリングシステムでは、胚を観察するためにインキュベーターから取り出す必要はありません。このことより、培養環境と培養成績が大きく向上します。

高エネルギー光への暴露の減少

高いエネルギーの光への暴露は、体外で培養している胚の発生を損なうことが知られています。幅広いテストにより、Vitrolifeのシステムで使用されている光は有害な波長を含まず、トータルの露光量においても通常の顕微鏡の光よりもずっと少ない暴露時間であることが示されました。