不妊治療について

うすだレディースクリニック(不妊治療・体外受精医療)吉祥寺 HOME > 不妊症治療
  • 不妊症とは



    不妊症とは、避妊をせず正常な性生活を送っても2年以内に妊娠に至らない状態と定義されています。これは、統計上、避妊をしないカップルでは1年で80%、2年で90%が妊娠に至るという事実に基づいています。 従って、結婚後1~2年間妊娠にトライされても結果がでない場合は是非ご相談にいらしてください。

    特に35才以上の方、子宮内膜症既往もしくは治療中の方、クラミジア感染既往の方々等は検査だけでも早めに受けられたほうがよいと思われます。


  • 当クリニックの不妊治療方針


    検査診断

    妊娠に到るまでには様々なプロセスがあるため、どの過程に問題があるか、一通り検査させていただきます。他院で検査されている場合は、 結果、検査施行時期によっては再検査になることもありますが、基本的には行いません。

    ステップアップ方式

    患者さんそれぞれの検査結果、年齢、治療歴、御夫婦の要望などを総合して身体的、経済的に最も負担の少ない方法から治療を開始し順次レベルアップしてゆく方法です。 タイミング法排卵誘発剤+タイミング法人工授精(AIH)体外授精、顕微授精などの補助生殖医療(ART)

    インフォームド・
    コンセント

    治療には排卵日を見つけタイミングをとる方法から、最終的な高度医療である体外受精・顕微受精まで様々な方法があり、ステップアップするに従い肉体的、経済的にも負担が増えます。もちろん、その都度きちんとした説明をしたうえで治療を進めていきますが、疑問に思う点、分からない点が少しでもあれば遠慮なくお申し下さい。

  • 不妊治療の検査


    初診時に子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍のチェックのための経腟超音波の他に子宮頚癌、クラミジア抗原、腟培養検査を実施しております。


    排卵因子の検査

    1. 基礎体温測定
    2. 各種血中ホルモン(FSH LH PRL E2 P)もしくはホルモン負荷検査

    卵管因子の検査

    1. 子宮卵管造影検査

    男性因子の検査

    1. 精液検査
    2. 泌尿器科診察

    子宮内因子の検査

    1. 子宮鏡検査

    免疫因子の検査

    1. フ-ナー検査
    2. 抗精子抗体

    排卵時期を予測する検査

    1. 超音波卵胞測定
    2. 頚管粘液検査
    3. 血中LH E2もしくは尿中LH

  • 原因別不妊治療


    [ 1 ]排卵障害、黄体機能不全、高PRL血症


    1. 排卵障害

    クロミフェン、シクロフェニールなどの内服薬やhMG製剤などの注射薬 の排卵誘発剤を用います。副作用として多胎妊娠、卵巣過剰刺激症候群 などがありますが、患者さんそれぞれの状態にあわせ薬剤を調節し、 使用前に必ず詳しく説明いたします。

    2. 黄体機能不全

    上記の排卵誘発剤の他に黄体ホルモンの内服薬や注射薬を用います。

    3. 高PRL血症

    カバサール、テルロンなどのプロラクチンを抑制する内服薬を用います。


    [ 2 ]卵管障害


    1. 片側閉塞

    毎周期、健常側より排卵をおこさせるために排卵誘発剤を用いる。 また、卵管の入り口付近の被膜などが原因となる通過障害の場合は子宮鏡下にて細いチューブを通す(チュービング法)ことにより通過可能となる場合がありますので当院で施行致します。

    2. 両側閉塞

    卵管周囲の軽度癒着が原因と思われる通過障害の場合には腹腔鏡下手術の適応となりますが、それ以外は体外受精の適応となります。


    [ 3 ]精液検査異常


    軽度の乏精子症、精子無力症の方の場合は人工授精からのスタートとなりますが高度の方は最初から体外受精、顕微受精の適応となります。 また、精索静脈瘤などの手術により精液の状態が改善できる疾患もありますので泌尿器科と連携を取りつつ、方針を決定いたします。


    [ 4 ]子宮内病変


    超音波、子宮鏡にて子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫が認められた場合は、子宮鏡下手術(TCR)の適応となります。 当院では行えませんが、提携病院にて時間の可能な限り内視鏡学会技術 認定医である院長自ら執刀いたします。


    [ 5 ]免疫学的異常


    通常は、人工授精からのスタートとなりますが、抗精子抗体が高値の場合は体外受精、体外受精の適応となります。


    [ 6 ]機能性不妊


    排卵因子、卵管因子、男性因子、子宮因子も正常で人工授精までの不妊 治療で妊娠に至らない方を機能性不妊といい不妊症の約2割を占め、体 外受精の適応となります。 体外受精の適応では一番多いと思われます。


  • タイミング指導


    経腟超音波による卵胞の発育・子宮内膜の計測、および頚管粘液の性状、血中LH、E2もしくは尿中LHの測定により総合的に排卵日を推定しタイミングを指導する方法で、最も基本的な不妊治療です。 2~3周期を目安とします。

  • 排卵誘発剤+タイミング指導


    自然周期のタイミング法で妊娠に至らない方、排卵障害、黄体機能不全の方が適応となります。 クロミフェン、シクロフェニールなどの内服薬やhMG製剤などの注射薬の排卵誘発剤を用い、 3~4周期を目安とします。

  • 人工授精(AIH)




    不妊原因がはっきりせず、タイミング指導で妊娠に至らない方、精子所見が軽度不良の方、フ-ナーテストが不良の方が適応に なります。 精子を培養液で洗浄濃縮し、運動性の高い良質な精子を子宮内に注入する方法です。 4~6回を目安とします。


  • 体外受精-胚移植(IVF-ET)



    1. 卵巣刺激


    複数の卵子を得るため排卵誘発剤を用います。 誘発法にも色々ありますが(long法、short法、 自然周期刺激法など)、個々に合わせた最適な 誘発法を十分に相談のうえ決定します。

    2. 採卵


    通常の診療で使用している経腟超音波で確認しながら、 成熟した卵を卵巣から針を通して吸い取ります。 基本的には、静脈麻酔下で行いますので、痛みの心配はありません。 目が覚めた時には、全て終了しております。

    3. 媒精


    採卵によって取り出された卵は直ちに培養液の中に移され約6時間培養の後、調整された御主人の精子を培養液に加え、受精を待ちます。

    4. 胚移植


    培養を続けて受精卵が4細胞(2日目)もしくは8細胞(3日目)に分割した時点で子宮腔内に注入する方法です。通常は1~2個の受精卵を移植しますが、卵の状態、患者さんの状況、希望などを考慮し多胎妊娠防止のため1個の場合もあります。処置は、軟らかいチューブを用いますので痛みもなく数分で終わります。

    5.黄体ホルモン補充


    胚移植後は着床の環境を整えるため、内服薬と注射を数回用います。血中黄体ホルモンの測定と卵巣過剰刺激症候群予防のため超音波チェックを行いながら、注射の投与する量を決めます。


  • 顕微授精




    男性因子により体外授精となった方、前回の体外受精で受精卵ができなかった方が適応となります。採卵までは上記の体外受精と同様ですが、卵子の中に、顕微鏡下に細い針で直接精子を注入して受精させる方法で、細胞質内精子注入法(ICSI)と呼ばれています。


  • 受精卵(胚)凍結


    胚移植後に余剰胚が生じた場合、卵巣過剰刺激症候群を起こす可能性が高く、移植がキャンセルとなった場合などには受精卵を液体窒素(-196℃)にて凍結保存することができ、次周期以降にそれらを用いた融解移植も可能です。

  • 胚盤胞培養


    受精卵は4細胞(2日目)、8細胞(3日目)と分割を続け、5日目には胚盤胞と呼ばれる着床直前の状態に至ります。 近年の培養技術の進歩により胚盤胞培養が可能となり、着床率が高いため、反復不成功例や移植数を少なくする事による多胎妊娠の予防などに有用です。