タイムラプスシステム(エンブリオスコープ)導入のお知らせ

最新型のタイムラプスシステム(エンブリオスコープ)を導入いたしました。
最新の培養技術、システムで更なる妊娠率の向上、流産率の低下を目指します。

治療費変更のお知らせ

治療費の一部変更があります。
是非ご参考までにご覧下さい。

http://usuda-clinic.com/cost.html

顧問就任のお知らせ

5月より東京医科大学産科婦人科学教室教授、日本生殖医学会常務理事の久慈直昭先生が当クリニックの顧問に就任されました。
今後は共同研究等と共に先生のご指導の下、激変していく生殖医療に対応し、常に最新の医療を行っていく予定です。

子宮内膜着床能検査(ERA)開始のお知らせ

2018年4月より、子宮内膜着床能検査(ERA)を開始致しました。

詳細は、下記のページでご確認をお願い致します。

http://usuda-clinic.com/era.html

2017年治療成績

総妊娠数  862名
人工授精  91名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  645名
今年も一人でも多くの方がお子様を授かれるよう、スタッフ一同努力して参りますので、
宜しくお願い致します。

胚培養士募集

胚培養士募集要項



条件:  ART施設で実務経験のある方


休日:  週休2日・祝日・夏季休暇・年末年始休暇・有給休暇

      *年間休日約123

 

その他: 交通費支給、制服貸与、資格取得の奨励・補助制度あり、

      学会・研究会への参加補助(参加費、交通費全額支給)あり

      雇用保険・労災保険・厚生年金・医師国保あり、産休・育休制度あり

 

応募方法: 履歴書と職務経歴書をE-mailアドレスを明記の上ご郵送ください。

                  (HP記載の当院のE-mailアドレスへの応募や質問は受け付けておりませんので

        ご注意ください。応募書類に対する返信は培養室のメールアドレスより送らせて

        頂きます。質問などは電話にて受け付けております。)

        


担当:  培養室 山本

抗ミュラー管ホルモン( AMH)の院内測定のお知らせ

抗ミュラー管ホルモン( AMH)の院内測定のお知らせ11月より最新の試薬を用いて院内測定を開始致します。
採血後、1時間以内での測定が可能となり、費用も5400円となります。
(従来は検査会社に依頼していたため、検査結果までに10日ほど必要となり費用も7560円)

胚培養士募集

胚培養士募集要項



条件:  ART施設で実務経験のある方

      (現在は未経験者の募集は行っておりません)

 

休日:  週休2日・祝日・夏季休暇・年末年始休暇・有給休暇

      *年間休日約123

 

その他: 交通費支給、制服貸与、資格取得の奨励・補助制度あり、

      学会・研究会への参加補助(参加費、交通費全額支給)あり

      雇用保険・労災保険・厚生年金・医師国保あり、産休・育休制度あり

 

応募方法: 履歴書と職務経歴書をE-mailアドレスを明記の上ご郵送ください。

 

担当:  培養室 山本

2016年治療成績

総妊娠数  840名
人工授精  83名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  588名
今年も一人でも多くの方がお子様を授かれるよう、スタッフ一同努力して参りますので、
宜しくお願い致します。

2016年治療成績

総妊娠数  840名
人工授精  83名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  588名

メディア掲載

2017_0207_media_yomiuri.jpg

2015年治療成績

総妊娠数  818名
人工授精  103名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  601名
今年も一人でも多くの方がお子様を授かれるよう、スタッフ一同努力して参りますので、
宜しくお願い致します。

2015年治療成績

総妊娠数  818名
人工授精  103名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  601名

2014年治療成績

総妊娠数  715名
人工授精  95名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  473名
今年も一人でも多くの方がお子様を授かれるよう、スタッフ一同努力して参りますので、
宜しくお願い致します。

2014年治療成績

総妊娠数  715名
人工授精  95名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  473名

2013年治療成績

総妊娠数  630名
人工授精  88名
体外受精、顕微授精、凍結胚移植  431名
今年も一人でも多くの方がお子様を授かれるよう、スタッフ一同努力して参りますので、
宜しくお願い致します。